白内障論文(英語)の日本語超要約

    白内障論文(英語)の日本語超要約

 @老人性白内障は3種類
 A重要なのは、
白く濁る、くさび型白内障
 Bくさび型白内障は、
老眼鏡をかけないと起こる

 眼科医は老眼鏡が大切であることを知りません。
だから、人は老眼鏡がとても大切であることを知ることができません。
 すると、白内障になる人が増えます。
 手術をする眼科医にとって、白内障の手術が増えるのは、とても都合がよいことです。
 以上が、白内障論文(英語)の日本語超要約です。
私の白内障論文は、くさび型白内障が老眼鏡をかけないと起こることを、その仕組みを明らかにして解明しました

私の白内障論文(英語)には、次のことも書いてあります。

 @
老眼鏡をかけないと、少数の人でくさび型白内障を起こしますが、
ほとんどすべての人の目で
水晶体がゆがみます

 水晶体とは、目の中にあるレンズのことです。
 水晶体がゆがむと、目は見えなくなります。
 私はそれを、「ゆがんだ水晶体」と名前をつけました。
白内障と同じく、手術をしなければならなくなります。

 見えなくなってもいないのに「自分は白内障だ」と思って手術をする人もたくさんいますが、「白内障だ」と言われて手術をする人の大部分は、「ゆがんだ水晶体」です。
「ゆがんだ水晶体」も白く濁るくさび型白内障も、老眼鏡をかけないと起こるもの です。
 老眼鏡をかけないから、人は視力を下げ、無駄な手術をしているのです。

奥山眼科ホームページ に戻る

白内障論文(英語)の日本語超要約